ものづくり ひとづくり

こんにちはー!アッキーですー。

今日はちょっとコーヒータイムにしましょうか。。。

うちの子の学校の校長先生は、毎週”校長通信”なるお便りで、いいお話を紹介してくれる。

今日はその一つを紹介しましょう。

“ 宮大工の 西岡 常一さん ” 最後の宮大工とも言われる有名な方です

棟梁というものは何無かといいましたら 「木の癖を見抜いてそれを適材適所に使う」ことやね

建築は大勢の人間が寄らんと出来んわな

そのためにも「木を組むには人の心を組め」というのが、まず棟梁の役割ですな。

職人が50人おったら50人が私と同じ気持ちになってもらわんと建築はできません・・・

自分からしてみせな。それが一番ですな、やっぱり私自身鉢巻しめて、汗を流して、

こういうふうにやってくれと実際してみせんとな・・・・

功利的なことを考えずに時間をかけてもええから、ごまかしやなしに、ほんまもんの仕事をやってもらいたい。

一人前の大工になるには早道はないということです。

技と心は一緒に進歩していく、一体なんだ。教育は「教え」「育てる」と書く、師弟制度は「育てる」これだけです。

などなど話しています。

最近は、合理的にとスピード感で物事を考えることが多くなってます。

覚える、身につけるといった場合は、まわり道も無駄ではない・・・つまり考え、実行し、解決していく。

大人は「放っておく」ではなく、見ぬふりをして「見守る」なのであろうか・・・・・。

なあ~んて、コーヒー飲みながらしばしぼーっと考えてみました。

仕事がたまってきたので、今日はこのくらいで・・・・・では。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP